名古屋ライフハック研究会vol.28に参加した感想

2014年9月20日(土)、@ウインクあいちにて行われた名古屋ライフハック研究会に参加しました。

なんだかんだいってウインクあいちが一番便利だねぇ。

なんだかんだいってウインクあいちが一番便利だねぇ。

ホワイトボードに書いてあるにもかかわらずハッシュタグを間違えましたが何か?

ホワイトボードに書いてあるにもかかわらずハッシュタグを間違えましたが何か?

今回のゲストスピーカーは、http://lifehacking.jp/を主催する堀正岳さんとhttp://kazumoto.jp/の酒井一太さんの2名。テーマは無理をしなくても成果が上がる「心の処方箋」の作り方。

著者2名のゲストスピーカー

著者2名のゲストスピーカー

んで、今回の研究会でもっとも印象に残ったことは次のとおり。若干言い回しなどは違うかもしれないですが、勘弁してくださいね。

すべての人間は100%劣等感を持っている。具体的には、古代ギリシャでも現代のアメリカ大統領でも、

「白髪が増えた・・・_| ̄|○」

って落ち込んでいるらしいwwww

堀さんの登壇

堀さんの登壇

他人から見て、一見華やかな生活やキャリアを持っているようにみえても、人間であれば意外に悩みは共通だったりするのかもしれないですね。もちろん上を見ればキリがないし、下を見ても向上心が失われてしまう。ほどほどのバランスで向上心をもちつつ「楽しく」やることが大事だなぁ、って思いました。このクソみたいなブログの1日のアクセスがたとえ1ケタでもwwwww自分が楽しんでいれば継続しようかな、って気になりましたwwww

 

あとは堀さんの新刊、「知的生産の技術とセンス」をジャンケン大会で2014年9月25日発売日前にゲットしました。

知的生産の技術とセンス ~知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ情報活用術~ (マイナビ新書)
堀 正岳 まつもと あつし
マイナビ
売り上げランキング: 4,553

 

情報整理の第一人者の40年前に梅棹 忠夫先生が書かれた「知的生産の技術」を現代版にアップデートしたものです。梅棹 忠夫先生とは京大式カードを発案した先生ね。

具体的には、手帳、カード、整理、原稿などの技術的なテーマは40年前とは比較にならないほど現代のIT技術によって、誰でも安価に手軽にツールが使えるようになっています。この本では、梅棹先生の基本的なマインドは承継しつつ、現代のツールに適用できるよう解説されています。

ビジネスパーソンであれば、まず間違いなく「買い」の一冊です。ジャンケン大会で無料でいただいておいていうのもなんですがwwwwもちろんステマではないので念のため。

やはりライフハック研究会は2次会がメイン?

やはりライフハック研究会は2次会がメイン?

* * *

また、堀さんが特に強調されていた、心臓移植を受けなくてはならない8歳の女の子「あいこちゃん」のお話。

「あいこちゃんを救う会」http://aikochan.pw/index.html

募金であったり、情報拡散であったりそれぞれがやれることがあると思います。役に立つかどうかはわかりませんが、書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です