コントリビューション(貢献)を行動基準にして、おいしいワインとローストビーフを食べられましたww

先日、give&give会というホームパーティにご招待いただきました。
このgive&give会というのは、
一般的な言葉のgive&takeではなく、
お互いにtakeよりgiveの精神で何かを提供できたらいい、という趣旨のパーティです。
僕の行動基準のキーワードのひとつに
「コントリビューション」があります。
「貢献」ですね。
本田直之さんの影響です。
考え方に共通点があると感じたので、こころよく参加させていただきました。
ワインでローストビーフやフォアグラなどをいただきました。
ええ、おいしかったですよwww
花熊武士のブログ

花熊武士のブログ

ワインの知識のある方が複数おられて、オタクである僕も興味津々でワイン話に聞き入っていましたwww

**********************************************************************************************
仕事でもプライベートでも、僕が持っている知識と経験で「役に立ってもらうこと」を目標にしています。
コントリビューションという概念が自分の中でインストールされる前は
「人前で偉そうに語れるレベルじゃない。」
といつもネガティブにな思考にとらわれていたように思います。
しかし、「コントリビューション」の概念が自分の中でインストールされてからは、
切り口が「レベルが高いか低いか」ではなく、
「相手に貢献できるかできないか」ということで考えるようになりました。
自分が持っている知識と経験は、
ある人にとっては「役に立たないこと」でも、
また別の人にとっては「今すぐ役に立つ」という、なんともあたりまえなことに気がついたのです。
役に立つのが「今すぐか将来か」という時間軸の観点では、
やはり「今すぐ」を意識します。
ちょっと流行おくれ感がありますが、
「いつやるか?今でしょ?」ではありませんがwww
また、この観点は別のエントリで書きます。
ということで、「コントリビューション」を行動基準においてからは、
「頼りになる」となんともうれしい評価をいただくことが増えたように思います。
「頼りになる」という言葉のエサでなんでも引き受けちゃうかもしれませんwwww

17/52

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術

posted with amazlet at 13.07.28
本田 直之
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 21,040

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です