「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」を検証してみよう

「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」を検証してみよう 
2013年4月13日、名古屋ライフハック研究会のLTで、上記の発表をさせていただきました。
有名なイギリスのことわざ
「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」
は、ホントなのか?
ということを、実際に自分の身体で検証してみよう、というものです。
リンゴを毎日採り続けると、
コレステロール値にいい影響があるらしいです。
エビデンスは下記にあるようですが、
そこは疑い深いライフハッカーwww
「自分でやってみたいお。」
となります。
ということで来る日も来る日も毎日リンゴを摂り続けましたwwww
しかし、実際に実行してみると
確かにリンゴはおいしいのですが、
毎日シャリシャリ食べようとすると結構ツライ。
飽きるし、メンドクサイのですwwww
そこで、「飽き対策」としてミキサーの登場です。
ミキサーで、ジュースというかスムージー風にして飽きを防ぎました。
ヨーグルトと牛乳をベースに
ほかのフルーツ、個人的にはキウイやイチゴとのコラボレーションがオイシスです。
グリーンスムージーが世の中では流行っているようですが、
小松菜やほうれん草をまぜるとあまりおいしくありませんww
「うえーっ」
ってなります。
身体によければガマンもできるのですが、
そもそも、小松菜やほうれん草は、生食より油で炒めたほうがビタミンAなどの吸収効率がアップするんじゃないの?
ということで、僕はグリーンスムージーには反対派です。
僕はまずいのを続けることができるほどストイックではありません。
また、「皮むき」という包丁さばきがあまり得意でない僕にはこれまた「メンドクサイ」ハードルがあがります。
ただし、この「メンドクサイ」対策は「ピーラー」を使うというハックで解消できます。
これはピーラーでリンゴの皮むきをすると極めて楽というハックwww
動画にアップしておきます。
撮り直しをしてないので雑な動画ですwww
また、朝起きたばかりでひげをそる前とか、
部屋着がダサいことなどはカンベンしてくださいwww
リアルさを実感していただければこれ幸いです。
んで、リンゴを食べ続けることによる効果を客観的に立証(笑)するためにコレステロール値を数値化する必要がありますwww
リンゴを食べていない状態から、毎日リンゴを食べ続ける状態の数値の変化を使って変化を追いました。
2013年4月13日から5月25日までの43日間(ときどき抜けましたが)がんばりました。
ところで、僕は赤十字の複数回献血クラブの会員です。
献血をすると検査結果の数値がハガキで送られてきます。
また、ネットの会員登録すると、ネットで結果が見ることができたり、変化をグラフで見られるところが魅力ですwww
ご存知なかった方はぜひ登録どうぞ。
「うーむ。この数値は今回は増えたな。」
「この数値がヤバイのでこういう対策が必要だな。」
と数値萌えの人はハマると思いますwwww
また、リンゴを食べるということ自体を習慣化するために、iPhoneのアプリを使いました。
チェックマーク1 チェックマーク2 
 

チェックマークをタップでつけるだけのシンプルなアプリです。
ライフハッカー好みだと思いますwww
シンプルゆえに使いやすいです。
<結果>
さて、
「御託はいいから、結果がどうなったんだよ!」
とお叱りをうけそうなので結論。
「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」を立証するために、
2013年4月13日から5月25日までの43日間リンゴを摂り続けたら、
コレステロール値が163mgから156mgまで下がりました!!!
変化そのもより、2年間のうちもっとも低い数値になりました。
「有意な差がみられた」というにはムリがありますが、
「コレステロール値が下がったことは事実」です。
献血結果 
 献血結果グラフ 
 
 
ああー、よかった。
ふう。
単なる偶然かもしれませんが、そこはお遊びなのでカンベンしてくださいwww

また、値が善玉コレステロールか悪玉コレステロールなのかはいまいち個人的に疑問は残りますがwww
ただ、数値の変化も大事ですが、実感として、次のことを感じたことを報告しておきます。
リンゴを食べて、2時間くらい経つと、
「健康的な感覚でおなかかがすく」
というのは、実感としてバリバリありました。
胃腸の調子がよくなる感覚です。

< div>

ということで、
「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」
は証明できました。
(ホントか?www)

11/52

Follow me!