個人事業主の人が読んでおくと今後の道が見えやすくなるかもしれない本

この本を読んだのは2回目です。
なにげなく読み返した理由は、時間に追われすぎて現実逃避したかったからですwwww

学生のとき、
テスト前にすぐ教科書を開けばいいのに、
普段やらない机のかたづけをしだして、
引き出しの奥のほうまで徹底的にこだわったり、
本棚整理にまで手を出し、
ついつい手に取ったキン肉マンを読み続けてしまい、
「ネプチューンキングは醜すぎる!でも、やっぱりネプチューンマンは男だったぜ!」と感動しつつ、
チュンチュン・・・
と鳥のさえずりが聞こえてきてしまうパターンだったのは僕ですが何かwww????

さて、2回目を読んだ率直な感想は、
「僕が現状もっているモヤモヤした知識と経験をとてもきれいに「体系化」してくれた!!」
です。

読み返したら「共感」や「同感」のメモが多かったです。

ビジネスでは違った視点が大事なのはあたりまえです。
しかし、人間はやはり近い考えや似ている趣味などがあると親近感を覚えるのも当然です。

特に個人事業主の方にはオススメの内容かと思います。

なぜなら、個人事業主の方は、目の前の忙しさに忙殺され、
ついつい目標を見失いがちになりやすにもかかわらず、
自分で軌道修正をしていかなければいけないからです。

あるていど大きな組織でサラリーマンとして働いている方は、
企業の戦略部分は経営者が策定します。

組織のメリットは個人が戦略を意識しなくても、いい悪いは別として、ズンズン先に進めます。

また、この本は、一般論を説明するとき、
自分の経験をもとに具体例で説明しているところで、納得しやすい表現が多く、心地よくサクサクと読み続けられます。

ほかのコンサルタントの方の本を読むと、
ただ単に自分の「主観」の羅列が多いのに愕然とすることがありますが、
理央さんの文章は押し付けがましさがなく、適度な客観と主観のブレンドがされているので、心地よく読めるのです。

まあ、個人事業主に限らず、
「あれ?自分の目標ってなんだっけ?」
と日々忙しすぎてふとわれに返ったかたは、ぜひ読んでみてください。

具体的なアクションがおこせるようになるかも!

理央 周
PHP研究所
売り上げランキング: 50,864

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です