マクロ経済的視点でわかりやすい解説を聴いたり、読んだりするとワクワクしますwwwwwwww

ご存知、ちきりんさんが書かれた、「世界を歩いて考えよう」を読みました。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
ちきりん
大和書房
売り上げランキング: 7125

読了後の率直な感想は次のとおり。

・ちきりんさんの視点に、「ほぉー。なるへそ。」いつも感心させられます。

・自分にはない切り口とは「証券会社的視点=市場の動向」です。

・海外旅行した先々で違和感を感じたことを、上記の視点で分析して、文章にしています。

伊藤洋一さんも似ている切り口でものごとを分析しておられので、やはり、「ほぉー。なるへそ。」となります。

伊藤洋一さんのHP↓

http://arfaetha.jp/ycaster/

ついつい感心してしまう理由は、自分にはない切り口だからです。

自分の仕事は「経済活動」というくくりでは同じかもしれないけど、僕の切り口はもっともっとミクロな世界。
いわゆるニッチな世界で生きているので、残念ながら「市場の動向」という大きな視点は実装されていませんwww

だからこそ、「市場の動向」という大きな視点」で解説していただけると、とてもワクワクしてくるのかなぁ、と改めて思いました。

ちなみに、「~かなぁ、と改めて思いました。」という表現は伊藤洋一さんの表現をまねてみましたwwww

なお、この本を読んだあとは、単純に海外旅行に行った気持ちになれて楽しいですwwwwwwwwwwwwwwwww

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です