10年間試行錯誤してきてたどり着いた名刺管理の方法は意外と単純で「時系列」がキモwwwwww

名刺管理に関しては、悩んでいるひとも多いと思います。
日々増え続ける名刺。
しかも、使うか使わないかわからないもの。
かといってなかなか処分できない。

iPhoneのアプリでも、文字の読み取りが優秀なものもあります。
でも、なかなか継続できないのが現実。

「これだ!」っていう管理方法はひとそれぞれだと思いますが、自分が10年近くで試行錯誤してきた結果=今現在では最善と思っている方法を書いてみます。

「参考になった!」
っていう感想があれば、ブログを書くモチベーションがアップしますので、
遠慮なく僕にお伝えくださいw
facebookでもtwitterでもリアルでもwwwww

さて、本題。

僕の名刺管理方法のポイントは次のとおり。

1.時系列
2.JPG
3.クラウドに保存

1.時系列
これは、鉄則。
なぜなら、人間が思い出すときは、
「ああ、去年の夏ごろかなぁ。」
とか、
「2年前のコートを買ったころだな。」
など、正確な日付でなく、季節やイベントなどで思い起こすことが多いからです。

必要なツールは「データ印」です。
名刺に必ず押印します。

加えて、メモ。
これはいうまでもないでしょう。

2.JPG
名刺は必ずスキャンします。
ファイルはPDFかJPGか迷うところですが、
僕はJPGにしてます。
なぜなら、僕の場合は電話や名前を連絡先に登録するときが少ないので、iPhoneでもPCでも環境に依存しないJPGの方が汎用性があるからです。
また、Picasaなどでもサムネイルが見やすいからです。
電話番号や住所を登録しなければいけないときは、JPGを見ながら入力するだけのことです。
ツールは、スキャンスナップです。

FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300

posted with amazlet at 12.10.18
富士通 (2009-11-21)
売り上げランキング: 5562

ファイル名のつけ方は次のとおりです。
「110910名古屋ライフハック研究会001」

日付が先頭→ソートが便利
勉強会などの名前→記憶をたどる
通し番号→ファイル複数選択で自動に付番


3.クラウドに保存
これは、DROPBOXです。
理由は特にありません。
アクセスしやすいものを選べばいいでしょう。

重要度はやはり「1.時系列」です。
僕の場合は、名刺だけでなく、メモでも「日付」を重視します。
なぜなら、先ほど述べた「記憶をたどるタグ」ということだけでなく、
「今、必要な情報は最新の情報である」という、よく考えれば当たり前のことも理由のひとつです。

具体的には、電話番号、住所や部署なんかは頻繁に変わるでしょう。
連絡をとることにおいて、過去の情報は重要性が低いのは当然です。

したがって、情報の整理が流動的なときは最新のものから整理することが大事です。
「名刺を整理するんだ!」
とはりきって、過去から全部整理しようとすると、必ず破綻します。
写真の整理なんかもあてはまりますよねwwww

僕は、古いものは次のようにファイル名をつけてまとめました。

「100101以前」
これで充分でしたwwww

あと、紙の名刺は時系列に机の中にいれてあります。

「時系列」は疲れてようが、やる気がなかろうが脳に負荷がかからないもっとも優秀な整理方法!!wwwwwwwwwwww

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です