ライフハック研究会vol.19

平成24年9月22日(土)、ウインクあいちにて、「ライフハック研究会vol.19」に参加しました。

1.中村祐介さんの講演会
テーマは「地球サミット人脈術」

中村さんは次の書籍を書いておられる方です。
地球サミット2012において電子書籍「JAPAN VOICE」の成功秘話などを講演されました。

中村さんの実績↓
http://www.nplus-inc.co.jp/seminar/book.html 

はじめは、「地球サミット」ときいても、ピンとこなかったのが正直な感想でした。
講演を聴いてみると、「地球サミット」に参加するまでの人脈の構築などをお話されました。
ビジネスの世界での普遍的な考えをお話され、ビジネスパーソンとしてのマインドが印象に残りました。

以下、自分のメモから、印象に残ったこと。

・「ブラジルに行く前につながりをもっておこう」→事前準備が重要
・考える つくる|伝える
          ↑ここまでの人が多い
・「人の行く裏に道あり花の山」
みんなと違う→価値が高まる(セルフブランディング)
・「知らない場所で世界を知り、自分を知る」
・インターネットは壊すことはできるが治すことはできない
「悩むより考えて動く」←これがキモだと思う
・自分が思いついたアイデアは本当に人に役立つか
・異質な人と交流→お互いに価値が高まる
・上記のことはみんなウスウス感じているが行動していない

2.ワーク

名古屋ライフハック研究会を世界に広めるためには?

・どうしたいか
・どうやるのか
・どう伝えるか

をグループでブレインストーミング。
普通にブレストだと、
「ああ、それはムリ」
と否定しがちになるけど、あまりに大きなテーマにもかかわらず、やれる方法を考えると意外と実現できそうな気がするので不思議です。
つまり、
「ああ、それはムリ」
と否定するのではなく、自分勝手なリミッターをはずし、「できる方法を考え行動する」のが成功への最低条件なのかな、と思いました。

具体的なよくあるパターンが、転職や独立しようとして、同僚に「ムリだよ」といわれるパターン。
その同僚が転職や独立経験があって否定したのであれば、一理あるかもしれないけど、
経験のない人の場合はただのその人の感想でしかなく、ほぼ意味がないことかな、って思います。
ただ、人間は否定されると「そうかも」って思えてしまう。
そこで、リミッターをはずし、考え行動することが必須かなと再認識しました。

3.ライトニングトークス
4人の方がLTをやられました。
特に、「動画を利用する」ことがイイネっと懇親会で話をしてました。

中村 祐介
講談社
売り上げランキング: 193611
中村 祐介
イースト・プレス
売り上げランキング: 367331

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です