「スタンフォード白熱教室体験会」に出て、文字や図を書きながら議論すると捗ることを再確認しました

平成24年8月4日(土)、中区大井町の女性会館で、「スタンフォード白熱教室体験会」に参加してきました。
http://kokucheese.com/event/index/43407/

参加時間の9割以上がワークのため、眠くならないので、主体的にでできるので、勉強会として結構スキな構成です。

花熊武士のブログ

 司会のつるさんは、「発声が聞き取りやすい」のが印象的でした。
さすが、ゴスペルをやっておられるからでしょうか。

テーマは、「家族旅行」で、最高のものと最悪のものを模造紙を使ってブレインストーミングするものでした。
また、流れは「ファストフード」のサービスから誇張したものと反対概念をブレインストーミングし、
いずれも、結果をCM方式でプレゼンするというものでした。

自分としては、「反対概念」をブレインストーミングする点が今後に役立てられるかな、なんて思いました。
なぜなら、アタマの中をマイナス思考が支配することが結構あるので、このメソッドでプラス思考に転ずることができるかな、なんて思いました。

また、ブレインストーミングや議論や説明をするときは、お互いが見える用紙とかホワイトボードで行うと効果的というのを再確認しました。

僕は、仕事上では議論より「説明」が大半なので、マインドマップを使いませんが、文字と図を書きながら説明をします。ツールが違うだけで、頭の中に地図を描くという点では本質的には同じことかな、って思っています。
言葉だけで説明するときと、文字や図を書きながら説明するときは相手の方の理解が飛躍的に
アップするのは間違いないですからね。

一通り説明したあと、
「これ、きれいじゃないけど持っていかれます?」
と聞くと、ほとんどの方が持って帰られます。
いつも、自分の字が美しくなくこちらが躊躇するので、ちょっと字の練習をしなきゃななんていつも思っていますが、いまだ実行してませんw

用紙でもいいけど、理想は、壁やいたるところにホワイトボードがあって、書きながら議論や説明ができるといいな、なんて思ってます。

ホワイトボードのことはここにとてもきれいにまとまってます。
http://www.keiomcc.net/faculty-blog/2008/06/post-73.html 

この文章を書いていて、自分だけで勉強をするときは「読むだけ」で理解しようとしがちだな、ということに気がつきました。
用紙に書きながら 、自分が自分と議論するように進めると、理解力がアップするかもしれませんね。今後は意識してやってみます。

懇親会では、業界では著名人の「杉浦元重」さんのお隣に座らさせていただき、僕のキャラを解放させていただきましたwありがとうございましたw
http://www.ntc-m.com/ 
杉浦さんは、会話の言葉拾い方が卓越しており、とてもいい気分で話をさせていただきました。
通常は流されてしまうような会話でも取りこぼしがなく拾っていただけるということです。
それが、キャラ解放につながったようです。

ここでは具体的には書けませんが、過去にある分野で卓越した結果を出されたことがあるかたと会話したときと似てるな、と思いました。

また、有名ブロガーのコウスケさんに、僕のブログを読んでいただいていることをお聞きして、
「自分より面白いブログだ。」
と言っていただいて、お世辞でもうれしかったですw
http://kosstyle.blog16.fc2.com/ 

また、美人道コンサルタントのTommyさんも僕のテキトー真摯な会話にツッコミをいれてくださり、ありがとうございました。
http://ameblo.jp/to1030mmy/ 
ほかのご一緒したみなさんもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です