「そもそも、目的はなんでしたっけ?」 と問えば戦略的思考が手に入る

「そもそも、目的はなんでしたっけ?」

何かアクションを起こすときには、このことばによって、そもそもの目的に立ち返らなければいけない。それも頻繁に。

手段と目的が混同してしまうことはよくありますよね。
目的を再確認できれば、最短ルートはおのずと見えてきます。

例えば、(本質的に)仕事をしている目的はなにか、と問われれば、
「生活するため。」
確かに、目的のひとつではあるが、目的がこれだけではたぶん続かなくて、すぐ辞めてしまいますよね。

もっと掘り下げて考えると、自分の場合は、
「自分がもてる知識と経験によって、助かりましたとか役にたったと思われ喜んでもらうこと」
です。
やはり、頼りにされるとうれしいですよね。

キャァー、カッコツケテルゥwwww

これを読んでいるみなさんも、自分に聞いてみてください。
「そもそも、あなたがその仕事をしている目的はなんでしたっけ?」

”目的がないままに仕事をしている人がいるわけがない、とお思いだろうか?実はそれが結構いるのである。より正確にいうと、「あったけど忘れている」「目先のことを目的だと勘違いしている」といったところだろうか。”

野口 吉昭
PHP研究所
売り上げランキング: 49524

A00(エーゼロゼロ)といって、もともとアメリカ軍の任務指令書の「目的」という言葉が、自動車のホンダでよく使われていたそうです。

わかりやすくて、「戦略的」な考えが身につきそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です