#004 情報ダイエット仕事術

情報ダイエット仕事術
情報ダイエット仕事術

posted with amazlet at 10.11.23
堀 E. 正岳
大和書房
売り上げランキング: 121719

1.抜粋
① 読書のメモも、あらすじや本の内容のように、別の場所で調べられそうなデータを記録するのではなく、自分が最も重要だと感じた点、自分の感性に影響を与えた点を抜き出しておけば、何年経っても1冊の本から得た感動や、自分がそこから感じた印象を、本をもう一度読むことなしに再生することが可能なのです。
注意したいのは、ニュースそれ自体や、記事そのものは「フロー情報」と区別したのに対して、「自分が面白いと感じた点」は「ストック情報」にあたるという点です。
② こうした「ハズレ本」に時間をとられないようにするためにも、新しい本を手に取ったときは、必ず目次に目を通し、前書きに目を通し、「この本は自分にとって必要だろうか」と厳しい審査にかけるようにしてください。
2.意見・感想

① さすが堀先生。おっしゃるとおりです。僕は最近まで書評をブログにアップしなかった。なぜなら、あらすじとか本の内容を入力しても意味あるかなぁって考えていたため。重要なポイントは人によってさまざまなので、自分のメモだけでいいことがより後押しされた。
また、情報のフローとストックはB/SとP/Lの関係と同じだ。イメージがしやすい。
② 人の一生の中で、読むことができる本の数は限られているので、少し意識しよう。
3.アクションプラン

① 「自分が面白いと感じた点」は「ストック情報」として蓄積せよ

② 質のいい読書をせよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です