#001 10分間リーディング

10分間リーディング
10分間リーディング

posted with amazlet at 10.11.21
鹿田 尚樹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3043

【抜粋】
1 メモする内容
①新しいフレームワーク
②人に話すときに使える「引用句」
③第2のタイトル×PE
【意見・感想】
あれもこれもメモをとろうとすると破綻する可能性が高い。
したがって、上記のようにポイントをしぼって読書メモをとると便利。
次の二点を前提としてビジネス書の読書はされなければならない。
1 自分の知識の引き出しを増やすこと
2 人に伝えること
「読書すること」が目的となってはならない。
タイトルやヘッダのつけ方はとても参考になった。
自分にはしばらくヘッダのつけ方の訓練が必要だ。
【抜粋】
2 読書ノート・目次カードの作成
①自分専用の教科書をモレスキンで作る
②ハガキサイズの用紙に2段組で印刷する
③一行目は必ず第2のタイトル(ヘッダ)を目立たせる
【意見・感想】
自分専用の教科書を作ることは非常によい考えだと思った。
ただ、自分の場合は「教科書」より「基本書」の方がなじむ気がする。
【抜粋】
3 スキマ時間に記録を読み返せ
【意見・感想】
「記録を読み返すこと」が自分に最も欠けていると考えてたので、非常に参考になった。
スキマ時間に本を読むことが多かったので、行動をチェンジしよう。
いつも本は読みっぱなしで困っていた。
自分は仕事や勉強でも、PDCAのCAの部分が弱い。
この件は、PDCAサイクルのCAの部分に該当するので、読書に限らず、勉強や仕事・スポーツにも活用できるな、と思った。
【アクションプラン】
1 自分専用の基本書を作る
2 スキマ時間にPDCAの「C」を行う

自分向けに文章を書いているので、第三者が読んでも役に立ちそうにないがいかがなものか?
ブログより、evernoteにアップすべき内容かなぁ。と思っています。
一人でも、このエントリが役に立ったという意見があれば、今後もこのような書評的エントリも書いていいかなと思います。
ご意見ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です