定点観測

テレビをよくみるようになりました。
なぜなら、我が家にも液晶テレビ(ブルーレイ付)が入ったからです。
テレビを買うときに特に重要視したのは録画機能。
時間を無駄にしたくないというライフハック的アプローチになります。
1 CMを飛ばせる
2 空き時間に見られる
3 定点観測がしやすい
液晶かどうかはあまり興味がありませんでした。
内蔵型のブルーレイまたはHDDが必須でした。
簡単に録画できることが条件でした。
毎日録画して見ている番組は特定のニュースです。
これは便利なことこの上ない。
やってみるとわかります。
ニュースを定点観測すると、その番組の切り口や傾向が見えてきます。
1週間くらい同じニュースを見ることを続けただけで、急に点と線がつながった感覚がありました。
いままでは、ニュースを見る時間と番組がバラバラで、内容の検討や自分の意見を考えるにも、論理構成が首尾一貫しなくなりがちでした。
便利な録画機能によって、この問題をあっさりと克服できました。
もちろん、録画したニュースだけ見ているわけではないので、
たまにザッピングしていろいろな番組を見たりしています。
その中でも、ワイドショー的なニュース番組は目に余ります。
燗にさわるほどひどい。
スポンサーの悪口を言えないとか、
ニュースの中に広告的なものが組み込まれるのはまだ許せます。
利害関係がからむから、ある程度バイアスがかかるのはスポンサー主導であるテレビ番組の性質上しかたないかな、と。
「事実」と「意見」の区別は物事を思考する上で基本的なことです。
事実の羅列だけでは味気ないのも確かです。
しかし、「コメンテーター」と呼ばれる人たちはひどい。
全く専門外のことについて語っているのが、目に余る。
元野球選手が野球について意見を言うのは問題ない。
しかし、経済とか政治とか事件のことを元野球選手がコメントしてるのはまったく意味がわからん。
ただ、「私的な感想」をだらだら述べているだけ。
これで番組が成り立っているのが不思議です。
2ちゃんねるとそんなに変わらないかも。
いや、2ちゃんねるの方がむしろ専門性が高い可能性があるかも。
まあ、そのような番組は見なければいいだけの話ですが。
少しあきれたので「私的な感想」を書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です